ホーム > 事業内容 > エネルギープラント事業 > パーム油・ディーゼル発電

パーム油・ディーゼル発電

Palm oil・Diesel power generation
再生可能エネルギー

パーム油ディーゼル発電の仕組み(再生可能エネルギー)

太陽光発電は、太陽の光を利用して太陽光パネルで発電します。 風力発電は、風の力で風車を回して発電します。 パーム油ディーゼル発電は、燃料として植物油のパーム油を使ってディーゼル発電機を回して発電を行います。 この発電した電力を電力会社へ再生エネルギーとして買い取っていただいています。
■パーム油とは

アブラヤシの果実から得た植物油。食用としては、マーガリン、石鹸の原料。発電用には、非食用のパーム油を使用します。

■パーム油の種類

『RBD Palm Stearin』『RBD Palm Oil』 等がございます。

パーム油にあったエンジンと発電機を提案いたします

- 事例 -

バイオマス案件一覧<液体バイオマス>

# 港湾 水深貯蔵量 名称 距離 発電量 系統連係 燃油使用量
(m) (t) (km) (MW) (月) (KL/月) (KL/年)
1 浜田 12.0 15,000 波根 60 45 29 6,195 74,340
お問い合わせ・相談はこちらから

信頼で築くパートナーシップ